お寺DEほっとタイム

お寺DEほっとタイム

お寺DEほっとタイム

お寺DEほっとタイム

お寺で「ほっ」と一息しませんか?

お檀家のみなさんをお招きして、軽く体を動かすストレッチ、簡単にその場で作れる手芸作品、住職による法話と写経を、毎月第3土曜日にそれぞれ順番に行っております。

お楽しみは、最後のお茶の時間。”一乗寺カフェ”で、お茶とお菓子をいただきながらのおしゃべりタイム。
ぜひお気軽に、お寺までお越しください。

開催日
毎月第3土曜日
開催時間
13時30分より(2時間程度)
定員
毎回20名(先着順)
申込方法
一乗寺(TEL:0545-71-3340) ※予約制

開催予定・報告

『お寺DE ほっとタイム』予定

予告22年5月25日更新

6月18日(第3土)13時30分~

手作り手芸㉒
『 作ってみよう!和紙を使って一輪ざし 』

持ち物: なし
参加費:¥500
要予約:先着10名(一乗寺TEL:71-3340)

作ってみよう!和紙を使って一輪ざし

予告22年5月25日更新

7月16日(第3土)13時30分~

『 法話と写経 』
*新型コロナウィルスの感染状況により、予告なしに中止する場合があります。

『お寺DE ほっとタイム』報告

報告22年5月25日更新

5月度【ストレッチ体操㉑『椅子とゴルフボールを使って リンパストレッチ!』】 開催レポート

  • ストレッチ体操㉑1
  • ストレッチ体操㉑2
  • ストレッチ体操㉑3

報告22年4月22日更新

4月度【「法話」と「写経」】 開催レポート

法話テーマ:「今をイキイキと生きるためのお釈迦様の教え ②」
参加者5名


一乗寺副住職による法話では、お釈迦様は「生きることは思い通りにはならないものだから、執着を捨てなさい。
執着を捨てれば涅槃に達することができるから、そのために修行をしなさい」ととかれているのです。

物事にこだわらないこと、偏った見方をしないこと。さらに、この世の全てはお互いに関係し合い、つながっているのだということを理解すること。

そして、世の中のあらゆるものが無常であると知っているから、一期一会の出会いを大切にし、自分をめぐる仕事や人間関係のひとつひとつのことも丁寧に謙虚に愛情を込めて行うことができます。全てが縁起によって成り立つものだと知っているから、自分以外のものへ慈悲の心を持って接し、一瞬一瞬を尊く生きることができます。生かされている“いのち”で毎日を大切に生き、自分本位ではなく周りへの思いやりを持って行動することは、苦しみの原因である執着をコントロールすることにもなります。

これが”今“をイキイキと生きるお釈迦様の智慧です。お釈迦様は、全ての人々を慈しみ、苦しみから逃れて幸せになれるようにと願い、このような教えを今に残されたのです。

私達も、お釈迦様の智慧を暮らしに生かして、イキイキと生きて参りましょう!

法話と写経の後は、楽しくおしゃべり会。また来月を楽しみにお別れしました。

  • 法話と写経2-2
  • 法話と写経2-1
  • 法話と写経2-3
  • 法話と写経2-4

報告22年4月6日

3月度【手作り手芸㉑『作ってみよう!“春の花束”』】開催レポート

  • 春の花束1
  • 春の花束2
  • 春の花束3
  • 春の花束4

報告22年2月25日

2月度【~ストレッチ体操⑳~『椅子とゴルフボールを使ってリンパストレッチ!』】開催レポート

参加者 9名
広い本堂で、感染対策をとりながら、ゴルフボールを使い体のあちこちをグルグル、ゴリゴリ。
ほどよい”痛気持ちよさ“を感じつつ、終わりの頃には、体がポカポカ。
みなさんの日常に取り入れられつつあります!また、次回のストレッチ体操の”ほっとタイム“が楽しみです。

  • ストレッチ体操1
  • ストレッチ体操2

報告22年2月2日

1月度【「法話」と「写経」】 開催レポート

法話テーマ:「今をイキイキ生きるためのお釈迦様の教え」
法話者:一乗寺副住職 参加者5名


◆第一章 ”成仏”して生きることを目指す仏教◆
仏教が目指す境地は「成仏」、つまり文字通り”仏に成る“ことです、“仏”とは世の中の真理に目覚め(=さとり)
心は何にも乱されず、この智慧を活かして人々の苦しみや悩みを解決しようとする一人を指しています。
仏教や成仏というと、お葬式や死後の世界などを連想される方もいるかと思います。しかし、お釈迦様が繰り返し説いていた教えは、 私達が命を授かっているこの“現世”で、いかに悩みや苦しみから解放され、イキイキと生きるかということに尽きます!
つまり、”今”をイキイキと生きるための智慧、それこそが仏教なのです。

◆第二章 この世の真理を解き明かす4つのキーワード◆
①一切皆苦(いっさいかいく 人生は思い通りにはならない
②諸行無常(しょぎょうむじょう) すべてはうつり変わるもの
③諸法無我(しょほうむが) すべては繋がりの中で変化している
④涅槃寂静(ねはんじゃくじょう) 仏教が目指す“さとり”
私達は、あらゆる現象に一喜一憂することなく心が安定した状態になれば、結果として幸せに生きることができるのです。
では、思い通りにはならない人生をイキイキと生きるためには、どうすればいいのでしょうか?
その答えが、次回4月の「ほっとタイム」でお話しする「四諦八正道」という教えに示されています。
これは、お釈迦様が苦しみのメカニズムを説き明かし、煩悩をコントロールして生きる方法を具体的にお示しくださったものです。

4月の「ほっとタイム」にぜひご参加お待ちしております。

「写経」は、日蓮宗の写経セットを使用し、薄文字をなぞるように行います。3種類のお経を文字の大きさを違えて用意しております。
今月は、オミクロン株のコロナ禍であることをふまえ、20分間、集中し、「静寂」という非日常を味わう事ができました。

  • 法話と写経1
  • 法話と写経2

報告21年12月27日

12月度【手芸:お正月飾り】 参加者のご感想

講師の上田さんのご指導のもとワイワイとそれぞれに工夫を凝らし制作いたしました。
同じ材料を用意いたしましたが、一つとして同じお飾りは無く、世界に一つだけの“お正月飾り”ができました。
笑い声が絶えないひとときとなりました。

今年もご参加くださいましたお檀家さまとご協力をいただきました講師の方々の感謝いたします。

  • お正月飾り1
  • お正月飾り2
  • お正月飾り3